保険の応援館

Q&A-自動車保険

Q1 事故を起こしてしまったら、どうすればいいの?
ライン
けが人がいる場合は、救急車を呼ぶなど、まず救護措置をとってください。
次に車両を安全な場所に移動して、二次災害の発生を防止してください。
そして最寄りの警察署に届け出ですが、特に人身事故の場合は、その旨を正しく届け出てください。
それから相手の住所、氏名、連絡先、ナンバープレート(登録番号)、保険会社名、証券番号、契約者名などとともに事故発生日時、場所、事故の概要を、
契約の取扱代理店か保険会社に連絡してください。
Q2 過失割合とは?
ライン
どちらにどのくらいの過失があって起こった事故なのかを判例などに基づいてパーセンテージで表し責任割合を決めます。
車が走行中(停車していない状態)事故にあった場合、
追突された場合などを除きどんなに安全に運転していても過失割合が0%になることはほとんどありません。
Q3 交差点で出会い頭に衝突し相手も自分の過失を認めていますが、代車料を請求されています。支払うべきでしょうか?
ライン
双方に過失がある場合にそれぞれが相手に対して代車請求を行うと、
必要性・日数・代車レンタル料等の認定でトラブルとなりやすく、要否は慎重に判断する必要があります。
そのため、双方が代車請求を控えるケースも多くあります。全面過失の場合であっても、
本当に必要であるかどうかは判断しますので、無条件にお支払いするものではありません。
Q4 病院で「交通事故には健康保険は使えない」と断られました。本当に交通事故では使用できないのでしょうか?
ライン
交通事故でも業務外の事故であれば健康保険、業務中の事故であれば労災保険が被害者本人の申し出があれば使えることになっています。
Q5 追突事故を起こし、警察には物損事故で届けていたところ、翌日被害者から「首が痛いから病院に行く」と連絡がありました。どうしたらよいでしょうか?
ライン
事故を起こした当日でなくても何日かは警察で受理されますので人身事故として警察に届けてください。
保険金を請求される場合には人身事故としての交通事故証明書が必要となります。
Q6 飲酒運転で事故を起こした場合はどうなるのですか?
ライン
相手の損害に対しての対人賠償保険・対物賠償保険や同乗者の損害に対しての搭乗者傷害保険・人身傷害は支払われますが、
運転をしていた本人の人身傷害保険や搭乗者傷害保険に関しては補償されません。車両保険についても補償を受けられません。