住まいの応援館

取り扱い商品案内

その他:業務用洗剤等

LPガスのある暮らし
LPガスは地球環境にやさしいエネルギーです

LPガスの特性は…

LPガスは私達が暮らすうえで、様々なシーンで使われています。一般家庭は勿論の事飲食店や食品加工場、工事現場、他には自動車の燃料にも使われています。LPガスは空気より重く、もしガス漏れがあった場合は低いところやものかげに溜まる性質を持っています。また、LPガスはもともと無臭で無色透明ですが漏れた時のことを考えタマネギが腐った様な臭いをつけてあります。

環境を考えるなら、やっぱりLPガスです

LPガスは使用する場所で100%使われますが、電気は違います。電気は発電所から電線で運ばれるまでに6割のエネルギーが失われるので、ガスに比べ環境負担が大きいのです。また、地球温暖化の原因とされているCO2の排出量をみても、LPガスは環境負荷が小さいエネルギーとされています。CO2排出量の削減には省エネが一番ですが、CO2排出量の少ないエネルギーを選択するのも私たちの役目です。

LPガスは災害に強い!

各地で地震や台風などの自然災害が多く発生している昨今、災害時のエネルギーの安定供給は重要な課題となっています。LPガスは、容器にて戸別にガスを供給しているので、災害時には各家庭ごとに点検ができ異常が無いと判断された場合はすぐに使用する事ができます。電気や都市ガスは電線やガス誘導管の修理が済むまではエネルギーの供給が出来ません。LPガスのその復旧の早さを考えると、被災地の避難場での炊き出しなど緊急時対応エネルギーにいち早く使われているのは言うまでもありません。

LPガスの配送と集中監視システム

当社では一般家庭をはじめ様々なお店、工場などにガスの供給配送を行っております。それぞれのお客様のガスの使用状況をコンピューターで管理をし、使用状況にあわせて配送員がガス容器の交換に伺います。ガス容器の交換時には、異常が無いか点検も行ないます。また、集中監視システムを使い、センターでお客様のガスの安全を管理しています。お客様の電話回線を利用しガスメーターと24時間集中監視システムを結び、『消し忘れ』や『長時間使用(一定の時間を越えての使用)』の異常をセンターで感知し、お客様へご連絡をいたします。連絡がつかなかった場合はセンターの方でガスを遮断し一度ガスを止めます。また、外出先での消し忘れに気づいた時でも大丈夫です。電話連絡で同様にガスを止めることができます。

震度5以上の地震が発生した場合

震度5以上の地震が発生した場合、ガスメータが異常を感知し自動的にガスの供給を遮断します。メーターが遮断すると、ガスメータに赤いランプと前面液晶パネルにBCガス止めの表示がでます。この時、ガスは使用することは出来ません。ガスを使用する場合にはメーターの復帰が必要となります。メーター復帰方法は次の通りです。
①器具栓(ガステーブルのつまみ等)、ガスの元栓を全て閉めてください。
②メーターの左側の黒いボタンを押してください。『ガス止め』の文字が消えます。
③液晶の文字と赤ランプが点滅しますので、『1分間』お待ち下さい。
④液晶の文字と赤ランプが消えれば復帰完了です。元栓を開けご使用下さい。
※もし、復帰しない場合はLPガス会社へ連絡してください。